大理生・パワハラ訴訟

本訴訟の概要

2016年4月7日: 労組・委員長の個人宅に西村朝雄前常務理事の代理人である奥山隆輔弁護士(弁護士法人第一法律事務所)から内容証明郵便が届く。
2016年6月3日: 労組・委員長の代理人=定岡由紀子弁護士(のぞみ共同法律事務所)、藤原航弁護士(堺筋共同法律事務所)、牧野幸子弁護士(井上・上原法律事務所)の連名で、西村朝雄前常務理事に内容証明郵便を送付する。
 2016年6月14日:  上記の内容証明郵便について、西村朝雄前常務理事から何ら回答が行われなかったので、同弁護士3名によって大理生・パワハラ訴訟弁護団を結成する。
2016年6月20日: 大理生・パワハラ訴訟を大阪地方裁判所へ提訴する。
2016年7月4日: 同訴訟の初回期日は8月3日(水)午後3時~、大阪地方裁判所・1009号法廷で開催される事が決定する。
2016年8月2日: 被告(西村朝雄氏)側から答弁書が大阪地方裁判所へ提出される。
2016年8月2日: 原告側から各証拠が大阪地方裁判所へ提出される。
2016年8月3日: 大阪地方裁判所で初回期日が開催される。原告側が意見陳述等を行うと共に、次回期日は9月28日(水)午後3時~、大阪地方裁判所・1009号法廷で開催される事が決定する。また同期日後、大阪弁護士会館にて同訴訟の報告集会が開催される。
2016年9月21日: 被告(西村朝雄氏)側から準備書面及び各証拠が大阪地方裁判所へ提出される。
2016年9月23日: 原告側から各証拠が大阪地方裁判所へ提出される。
2016年9月28日: 大阪地方裁判所で第2回期日が開催され、提出書面の確認及び次回期日は12月7日(水)午後3時~、大阪地方裁判所・1009号法廷で開催される事等が決定する。
2016年11月30日: 原告及び被告(西村朝雄氏)双方から準備書面及び各証拠が大阪地方裁判所へ提出される。
2016年12月7日: 大阪地方裁判所で第3回期日が開催され、提出書面の確認及び次回期日は2017年2月8日(水)午後3時~、大阪地方裁判所・1009号法廷で開催される事等が決定する。
2017年2月1日: 原告から準備書面及び証拠が大阪地方裁判所へ提出される。
2017年2月2日: 被告(西村朝雄氏)から準備書面及び証拠が大阪地方裁判所へ提出される。
2017年2月8日: 大阪地方裁判所で第4回期日が開催され、提出書面の確認及び次回期日は2017年3月29日(水)午後3時~、大阪地方裁判所・1009号法廷で開催される事等が決定する。
2017年3月22日: 原告から準備書面及び証拠が大阪地方裁判所へ提出される。
2017年3月23日: 被告(西村朝雄氏)から準備書面が大阪地方裁判所へ提出される。
2017年3月29日: 大阪地方裁判所で第5回期日が開催され、提出書面の確認及び次回期日は2017年5月31日(水)午後3時~、大阪地方裁判所・1009号法廷で開催される事等が決定した。
2017年5月24日: 原告から証拠申出書及び各証拠が大阪地方裁判所へ提出された。
2017年5月26日: 被告から準備書面、証拠申出書及び証拠が大阪地方裁判所へ提出された。
2017年5月31日: 大阪地方裁判所で第6回期日が開催され、提出書面の確認及び証人尋問が2017年6月22日(木)午後1時30分~午後5時、大阪地方裁判所1009号法廷で開催される事が決定した。
2017年6月22日: 大阪地方裁判所で証人尋問が開催され終了後、和解協議が開催された。その結果、再度の和解協議を7月10日に開催する事が確認された。
2017年7月10日: 大阪地方裁判所で和解協議が開催された。その結果、3度目の和解協議を7月31日に開催する事が確認された。
2017年7月31日: 大阪地方裁判所で和解協議が開催された。その結果、被告(西村朝雄氏)から原告(労組・委員長)へ「この度、自分の発言によって、精神的な苦痛を与えたことについて申し訳ございませんでした。謝罪します」との口頭謝罪と共に和解条項が確認され裁判は終結した。